ロスミンローヤル

死なない酵素エンザミンは酵素を醸成するという酵素

エンザミンは実は酵素と呼ばれることもありますが、実は酵素ではありません。

もっと具体的に言えばエンザミンの特徴とは酵素の素という言葉で言い表すことができるでしょう。

エンザミンは酵素そのものではないにしろ、エンザミンはもっと重要な働きをしており、

酵素を醸成するという酵素よりも大きな役割を持った特徴を持っているのです。

ローヤルエンザミン酵素エンザミンには、酵素様低分子ペプチド機能性オリゴ糖その他菌体生産物質などを含んでいます。

これらが体内で酵素を醸成化させるようになっているのです。

そのため、エンザミンは体内酵素活性因子とも言われています。

酵素様低分子ペプチドや、機能性オリゴ糖などは酵素を活性化させる働きを持っているのです。

体内酵素活性因子であるエンザミンの働き

体内酵素活性因子と呼ばれている様に、エンザミンは既にたくさんの美容サプリメントとして市販されています。

通常の酵素が体内に入る前に死に絶えることが多い分、エンザミンならば死んでしまうこと無く

体内に入り込み、酵素を活性化させることが可能となっているのです。

酵素そのものは意外と弱く、熱を加えたり、消火液に触れてしまう事で簡単に死んでしまうのです。

しかし体内酵素活性因子であるエンザミンであれば、死なずに体内で酵素の働きを活性化することが可能となっています。

ローヤルエンザミン酵素

a02_botan_red[wc_box color=”inverse” text_align=”left”]ローヤルエンザミン酵素の詳しい情報はコチラが参考になります!
酵素ダイエット方法[/wc_box]

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る