ロスミンローヤル

取るべき油と、控えるべき油って?亜麻仁油がイイ理由

亜麻仁油は成熟した亜麻の種子から得られる、黄色っぽい色をした乾きやすい油です。
亜麻仁油は、人が体内で合成できないオメガ3脂肪酸を豊富に含みます。亜麻仁油

子供にこのオメガ3脂肪酸が不足すると肌荒れが発生し、アトピーと診断される場合もあります。
このオメガ3脂肪酸は、炎症を悪化させる成分の生成を抑える効果があります。

ですので、花粉症が発生したときに亜麻仁油の効果で、症状を和らげることができますし、定期的に摂取すると、花粉症の予防にもなります。

オメガ3脂肪酸の一種αリノレン酸にも抗炎症作用があり、抗アレルギー作用があります。
さらに血栓を作らせない作用もあります。

体内で合成できない不飽和脂肪酸には、もう一種、オメガ6脂肪酸というものがあります。こちらは体内で、炎症を引き起こす物質に変わります。

ですが、このオメガ6脂肪酸の一種リノール酸は、コレステロールを下げる作用があるので、完全に摂取を止めるのはよくありません。
オメガ6脂肪酸は、一般的な食品や油に含まれています。

大切な事はオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の摂取比を1:4にすることです。
注意しないと現在この摂取比が1:10~50になっている場合が多いのです。

取るべき油は、オメガ3脂肪酸を多く含む、亜麻仁油やシソ湯や青魚などです。
控えるべき油は、ファーストフードなどに多く含まれている油です。
取るべき油と控えるべき油に注意を払い、その比を1:4に持って行く事が健康な生活を送る鍵となります。

そんな身体に良いセレブ油(亜麻仁油)が期間限定でお得に購入できるのが下記になります!!

フラーガン>>亜麻仁油の新しいダイエットオイルの詳細はこちら<<

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

うつ病対策には睡眠不足の改善とフェニルアラニンが効果的【クラチャイダムの効果検証】

『うつ病』は意欲の低下・抑うつ気分が慢性的に続く精神病です。 精神的な疾患だけでなく、心身のエネルギーを低下させ、 様々な病気の…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る