ロスミンローヤル

魚食べてますか?骨粗しょう症予防、ダイエットにも!【青魚の知恵】

【青魚の知恵】の成分は、東南アジアで取れるカタクチイワシの一種である、カーコムを木製の樽に詰め込んで、その上に塩と水を入れて発酵させて作る「ヌックマム」と呼ばれる魚醤です。

”青魚の知恵”は、このヌックマムの成分が壊れないように殺菌消毒をしながら粉末状にしたものです。

そして、この粉末の効果をより高めるために青魚を原料としたヌックマムに元から含まれているEPAの他にもマグロからとったDHAとタラの骨からとったカルシウムを加えて、カプセル状にしてあります。

そうすることによって魚の栄養成分をより吸収しやすくしています。

この”青魚の知恵”は誰に効く?

基本的に全年齢及び性別問わずに効果があると言えますが、その中でも特に効果があるのは細胞の活性化が衰え始める40代の年齢層でです。

この青魚の知恵に含まれているDHAやEPAの効果として40代以上に衰える脂肪燃焼を促す細胞を活性化させて体に溜まった余分な脂肪を燃やすダイエット効果が一般的な効果として認知されています。

そして細胞を活性化させる効果は脳の細胞の活性化にも役に立ち、この40代から発症率が上がる認知症の原因には脳の細胞が衰えることで摂取したたんぱく質や糖分を吸収できないことで細胞が壊れることです。

このたんぱく質や糖分を吸収する細胞を活性化させることで壊れにくい状態を作り認知症予防にもなります。
そしてカルシウムを含むことで骨粗鬆症予防にもつながることも、40代以上におすすめの理由です。

青魚でDHA・EPAを補いたいなら、青魚サプリ効果比較が参考になります!

宜しくお願いします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

ミドリムシ(和名)の名前で知られているユーグレナ(学名)の特徴

今話題のユーグレナってご存じですか? ユーグレナとはミドリムシのことです。 このミドリムシをスイーツやパンなどに混ぜた製品が続々…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る