ロスミンローヤル

乳酸菌を摂るメリットは免疫力向上の効果が期待できます。

乳酸菌を摂取するメリットのひとつとして免疫力向上の効果があります。

乳酸菌は発酵食品を作る菌として古くから利用されています。

乳酸菌の効果で最も期待できるのは腸内環境を整えることです。

腸内には100〜150種類、100兆個以上の腸内細菌が存在しており、
健康に良い影響を与える善玉菌、悪影響を与える悪玉菌、どちらとも言えない日和見菌があります。

悪玉菌が増えると健康に悪影響があり、乳酸菌は腸内の善玉菌が増えることを手伝い、
便秘や下痢の予防、改善効果があるのです。

また、免疫力向上も期待でき花粉症の予防や改善、アトピー性皮膚炎の改善、
コレステロールを下げる作用、高血圧を改善することが期待できます。

これらのことから、乳酸菌を摂るメリットは健康を保つためにも必要な菌なのです。

乳酸菌を摂取する目的は善玉菌を増やすことにあります。

善玉菌を増やすには、ビフィズス菌などが配合されたヨーグルトやサプリの摂取や
腸内で善玉菌を増やすオリゴ糖や食物繊維を摂取する方法です。

どちらの方法も良い方法なので、両方で摂取することが良い方法です。

腸内細菌のバランスは食べ物、年齢、ストレスなどで変わってきます。

特に毎日の食事は影響が強く、高タンパク、高脂肪の食事が多いと悪玉菌も多くなります。

腸内で善玉菌を増やすには乳酸菌を摂取することが効果的な方法なので、
善玉菌を増やすことが健康でいることができる方法とも言えます。

乳酸菌で免疫力向上するが参考になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る