ロスミンローヤル

コールドプレスジュース(低温圧搾法)の作り方

コールドプレスジュースの作り方は低温圧搾法で行うところが特徴です。

低温圧搾法は、ゆっくりした回転で強い圧力をかけながら野菜やフルーツを搾っていくため、

繊維質の少ない舌触りの滑らかなジュースができあがります。

クビンスサイレントジューサー

コールドプレスジュースの具体的な作り方

作り方は専用のジューサーを利用して、ジュースにしたい材料を入れてスイッチを入れるだけです。

しばらくするとジュースと繊維質に分離された状態で出てきます。

コールドプレスジュースは野菜やフルーツから搾った水分のみでできているのがポイントなので、
作り方として水を加えないことが重要です。

ジュースを作るときに水分の少ない材料を使うときには、
オレンジやりんごなどの果汁の多い素材を合わせるようにします。

 

高いビタミンC含有量

低温圧搾法で作られたコールドプレスジュースは、従来の高速ジューサーで作ったジュースに比べ

ビタミンC成分をたくさん含むことができます。

高いビタミンC含有量

搾りカスも無駄なく様々なレシピで使えます。

この方法で成分を摂取すると胃に負担をかけないばかりか、栄養の吸収率も高まります。

同時に出てきた繊維質は工夫次第でさまざまな料理に利用できます。

クビンズジューサー(様々なレシピ)低温圧搾法のジューサーは従来のジューサーと違って材料カットによって生じる熱が加わらず、

空気にふれない状態で搾りきるため成分の酸化を防ぐことができて食材の栄養成分を十分に摂取できます。

そんなコールドプレスジュースを家庭で作るためには、低温圧搾法のジューサーが必要です。

【クビンス低速ジューサー】世界各国で販売台数60万台突破!
クビンスサイレントジューサー02

★低速圧搾
低速度の石臼方式で材料を搾るため 生の酵素が活きている栄養豊富なおいしいジュースを作ることができる。

★低音設計
低速スクリュー回転のため、静かにジュースを作れます。

★ウルテム・スクリュー
食材や環境にやさしいウルテム素材を使用しています。

★お手入れ簡単
本体と部品は簡単に取り外せます。 カッターがないので安心してお手入れできます。

★らくらく操作
力を入れて押し込む必要がありません。

★安全設計
本体が正しく装着されていないと電源スイッチが入らないようになっています。

★強力なモーター
強力なモータは自社内で開発製造しています。

世界各国で販売台数60万台突破した【クビンス低速ジューサー】
ローヤルエンザミン酵素

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

【すっぽん小町】すっぽんパワーで目元のシワ解消!

すっぽん小町は加齢などが原因で多くの女性が悩まされている目元のシワを 解消する効果があるとして、通販サイトの人気人キングで一位になるなど、…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る